読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさら聞けないOffice365_3

本日は「Office365の購入」についてです。

 

 

今まではOffice365を購入するには、日本マイクロソフトから直接購入する方法と

販社パートナーから購入する方法がありました。

 

日本マイクロソフトから直接購入する場合、月額契約と年間契約が選べました。
年間契約の方が、少しですが安く利用することが可能です。

 

 

しかし契約の途中で、社員が退職したり、ライセンス数が余ってしまった場合、
ライセンス数を増やすことは、簡単に出来ましたが、反対にライセンス数を

減らす場合、キャンセル料や対応が複雑でした。

 

なので、そのままライセンス数で運用している会社が多く見られました。
そのライセンスを無駄だと感じる企業も多かったのではないでしょうか。

 

しかし、販社パートナー経由で月額支払いを行うことが出来るようになりました。
契約期間の途中でも ユーザ数を増減することが出来るようになり、
キャンセル料が発生することもありません。

また支払い方法も日本マイクロソフトから直接購入する場合、

クレジットカード支払いか請求書支払いが出来ましたが、

請求書支払いには条件があり、

「特定のプランであること」「一定以上の支払額があること」が挙げられます。

 

企業のクレジットカードを持っていない企業も多く、
支払い方法が選べないという点でも「面倒」と感じて導入を躊躇してしまう話も
お聞きします。

 

今回 販社パートナー経由で月額支払いを行えるようになりましたので、
支払金額に関係なく、請求書支払いを行うことが出来るようになりました。

請求書支払いにすることで、まずは特定の部署のみOffice365を導入し、
段々と他の部署へOffice365導入を広げていくという導入方法も利用することが
簡単に出来るようになったのではないでしょうか。

 

以上