読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートナー管理機能で出来ないこと

本日は「パートナー管理機能で出来ないこと」についてです。

パートナー管理機能を使用すると、パートナーとなっているテナントの管理が

楽に行え、いろいろと便利になります。

 

 

「今まで○○が出来ます」というお話をしていましたが、

今回は出来ないことをお話ししたいと思います。

 

 

大まかには、パートナー管理機能では、

『料金に関連することについては、操作出来ません』

 

具体的には、下記の項目となります。

■契約プランの追加・変更

■ライセンスの購入

■パートナー会社の変更

 

 

■契約プランの追加・変更

   →例えばOffice365Enterpriseを契約しているテナントを

  •                パートナー管理機能している場合、

    Business Essentialsを追加することやBusiness Essentialsに

    プランを変更することは 出来ません。

 

    そのテナントの管理者ユーザにて管理を行ってください。

 

  ■ライセンスの購入

   →ライセンスを追加購入することもパートナー管理機能では出来ません。

   《運用例》

    ユーザ追加を行う際に、合わせてライセンス購入している場合、

    ユーザ追加作業は「パートナー管理機能で作業可能」です。

    しかし その場合ライセンス無しのユーザを追加し、

    後で 「ライセンスを付与する」操作が必要となります。

 

 

    ユーザ追加をする際は、気を付けてください。

 

  ■パートナー会社の変更

 

   →パートナー会社の変更を行えるのは、そのテナントの管理者のみ

    なっています。

 

    そのテナントの管理者ユーザにて管理を行ってください。

 

  以上

2016年09月現在