読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Exchange「配布グループ」「セキュリティグループ」の違いとは?

Office365の管理者の方には、身近な「配布グループ」と「セキュリティグループ」について、
今日はお話ししたいと思います。

Office365Room BLOGで色々な内容を書かせていただいていましたが、、、
そういえばOffice365の管理者として、作っては消して、、、を繰り返している
「配布グループ」「セキュリティグループ」について書いたことがないことを
今頃気が付きました。。

Exchangeのグループ作成を行うときにどのグループを作るか、
選択し、作成します。
Office365の新しい管理ページでは、
「Office365グループ」「セキュリティグループ」「配布グループ」が選択できます。

しかし、古い管理ページでは、
「配布グループ」「セキュリティグループ」「動的配布グループ」となっており、
「Office365グループ」は作成出が来ません。
しかし、欄外にアナウンスリンクがあり、それをクリックすると
「Office365グループ」を作成できるようです。

では「セキュリティグループ」「配布グループ」の
違いとは何なのでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------
「セキュリティグループ」
OneDriveとSharePointのアクセス許可を管理するもので、Office365のモバイル管理に使用されます。

「配布リスト」
リスト内のすべてのメンバーにメール送信します。組織外のユーザもリスト宛にメールを
送信することが可能です。
-------------------------------------------------------------------------
簡単に説明すると、上記のような説明になるかと思います。

管理者の方は、
メーリングリストを作成するときは「配布グループ」
SharePointやOneDriveでは、アクセス権の設定を行うのに「セキュリティグループ」を
使用しているのではないでしょうか。
これらのグループは、Office365の管理センターやPowerShellで作成が出来ます。
また社内のActive Directoryから同期されて作成されます。

では簡単ではありますが、『配布リスト』の作成方法をご紹介したいと思います。
※配布リスト作成するにあたり、追加ライセンス購入は不要です。
1.Exchange管理センターへアクセスする。
2.受信者→グループ→”+(プラス)”をクリックする。
3.「配布グループ」をクリックする。
4.「表示名」「エイリアス「電子メールアドレス」を入力する。
5.「メンバー」の”+(プラス)”をクリックする。
6.メンバーを複数選択して、【追加】をクリックする。
7.【OK】をクリックする。

続いて『セキュリティグループ」の作成方法です。
1.Office365管理センターへアクセスする。
2.ユーザとグループ→をクリックする。
3.セキュリティグループ→”+(プラス)”をクリックする。
4.表示名を入力し、【保存】をクリックする。
5.メンバーを選択し、【追加】→【OK】する。
以上
2016年06月現在