読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいOffice365の選択肢

今まで一般法人向けだけに提供されていました「Microsoft Office365」ですが、

20141017日より個人向けの新しいOfficeが提供され始めました。

発売されました「Office Premium プラス Office 365 サービス」「Office 365 Solo」は日本市場のみの提供と

なっています。

「Office Premium プラス Office 365 サービス」は、パートナー各社から発売されているPC

Surface Pro 3に搭載されており、高性能なパソコンやタブレットなどの色々なデバイスで、

最新バージョンのofficeが使用出来ます。

また最新バージョンのOffice製品が使用出来るだけではなく、海外でも提供され、

普及が著しいクラウドサービスのOffice365の様々な利点が使用出来る

好いとこ取りの製品』と言えるでしょう。

また今まではOfficeのバージョンが古くなると、officeの買換えが必要でしたが、

購入したOffice Premium搭載PCを使用している限り、永続的に無償で最新のOfficeが使用可能です。

 

またパートナー各社から発売されているPCSurface Pro 3を購入しなくても

サブスクリプションサービスを利用することで、Officeサービスを利用することは可能です。

それが「Office 365 Solo」です。

「Office Premium プラス Office 365 サービス」と同じく、

「Office 365 Solo」の契約期間中は無償で最新Officeにアップデート可能です。

また「Office Premium プラス Office 365 サービス」「Office 365 Solo」共に、

Office365サービスである『オンラインストレージOneDrive」も利用することが可能です。

オンラインストレージOneDriveは 1TB用意されているので、ストレージの容量が不足することは

あまりないでしょう。

どこにいても最新の情報を参照し、使用することが可能です。またオンラインストレージOneDriveは

マルチデバイ(iPhone AndroidiPad)Office製品の利用が可能です。

 

「Office 365 Solo」の特徴として、最新のofficePCまたはMac2台にインストールし、使用することが

可能です。

会社用PCと自宅PCにインストールし、快適にOffice365環境を楽しむことが出来ます。

 

契約の更新については、

「Office Premium プラス Office 365 サービス」のOffice365サービスは、初めの1年間は

無料でご利用いただけ、

2年目以降は「Office 365サービスOffice Premium 搭載パソコン専用」契約が用意されており、

5,800(税抜)で全国の販売店やオンラインストアなどから購入することが可能です。

 

「Office 365 Solo」は1年ライセンスとなっており、Office 365 Solo販売パートナーより11,800(税抜)

購入することが可能です。

 

 

以上

2014年11月