読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートナー管理センター利用設定

今回は前回紹介しました「パートナー管理センター」を利用するための
設定をご説明します。

大きく分けて3つの手順が必要となります。
【1】パートナー機能をテナントに紐づける。
【2】パートナー機能を表示させる。
【3】パートナー管理センターより、代理管理承認メールを送信する。

【1】パートナー機能をテナントに紐づける。
1.デジタルダウンロードサイトにアクセスする。
https://www.microsoft.com/msppdd/home.aspx
※サインインを求められたら、ダウンロード権限が付与された
Microsoft アカウントを入力する。

2.メニューより「Microsoftオンラインサービス」をクリックする。
aug0011

3.「Partner Features (Delegated Administration、Trials,and Quotes) 」をクリックする。
aug0010

4.「既存のテナントでパートナー機能を有効にするには」のURLをクリックする。
aug0012

5.Office365へログイン画面が表示されるので、ログインする。

6.必要事項入力画面が表示されるので、入力する。

※情報の反映までは時間がかかります。

【2】パートナー機能を表示させる。
1.Office365管理センターにアクセスする。

2.「ユーザ」→「アクティブなユーザ」より代理管理権限を付与するユーザを選択する。
shin_1

3.「編集」→「設定」をクリックする。
sep0001

4.「サポートする会社の管理用アクセスを割り当てる」欄でラジオボタンの「はい」にチェックを入れる。

5.「完全管理」が選択されていることを確認する。
sep002

6.【保存】をクリックする。

※情報の反映までは時間がかかります。

【3】パートナー管理センターより、代理管理承認メールを送信する。
1.Office365管理センターへログインする。

2.「パートナー」を選択する。
sep004

3.「ビジネスを構築」→「代理管理者権限の要求」→「権限の要求」をクリックする。
sep003

4.メール内容が画面に表示されるので、それをエンドユーザにメールにて送信する。
sep005

《エンドユーザ側作業》
1.メールで送られてきたURLをクリックする。

2.代理管理を承認する画面が表示されるので、「はい、代理管理の条項を読んで理解しました~~~~~」にチェックを入れる。
aug0007

3.【OK】をクリックする。

以上

2016年09月