パートナー管理センター

 

本日は「パートナー管理センター」についてお話ししたいと思います。

まずは「パートナー管理センターでは何が出来るのか」からお話ししたいと思います。
●エンドユーザの代わりに代理管理タスクを実行
●試用版への招待
●購入プランの変更
●代理管理の提供
●代理管理を委託されているすべての顧客を1か所で管理を行うことが可能。
●エンドユーザの代わりに、管理タスクを容易に検索や実行を行うことが可能。
●Office365サービスの正常性や詳細を確認
●エンドユーザの代わりに、サービスレポートの作成・編集・確認を行うことが可能。

Office365パートナー管理センターでは、ユーザの顧客リストを表示することが可能です。
顧客リストを選ぶことによって、各エンドユーザの連絡先やサブスクリプションの詳細など
エンドユーザの色々な情報を確認・管理することが出来ます。

では、具体的にパートナー管理センターでは、どんなことが出来るのか。
■エンドユーザの代わりに管理タスクを実行する。

パートナー管理センターの『クライアント管理』セッションでは、
管理タスクを代理で実行することが可能です。

管理タスクとは、「Office365管理センター」「Exchange管理センター」
SharePoint管理センター」「Skype for Business管理センター」のことを表し、
各管理センターにはクイックリンクから
アクセスし、各クライアントのテナントを管理することが出来ます。

■エンドユーザの代わりにサービスリクエストの作成も可能
エンドユーザの代わりにサービスリクエストを作成することが可能です。
今までは、エンドユーザの管理者に依頼したり、管理者に成り代わって、
サービスリクエストを送るという運用をしていた会社も多いのではないでしょうか。

この設定を行うことで、自分の管理テナントからエンドユーザのサービスリクエストが
作成することが可能となります。

■サービスの正常性
各エンドユーザのサービスが正常に利用できているかの確認を 一覧で確認することが可能です。
何か問題が発生している場合、スピーディーに対応することも可能となります。

パートナー管理センターを利用するには、3つの手順が必要となります。
その手順については、次回ご説明します。

以上

2016年09月