読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SharePoint 初期化

Office 365 Advent Calendar 2015ももう後少しになってきました。

 

何を書こうの前に緊張です(笑)

 


この一年 ちょっとは成長できたことをちょっと書きたい!!と思ったのですが、
何書こう、、、と悩みに悩んでおりました。

 

 

今年は、Office365導入の経験も積めたし、

SharePointでデータ共有して、その難しさも経験できたし、

少しOffice365と喧嘩しつつも仲良く過ごせて良かった良かったと思っている1年です。
(こんな感想になってしまって、すみません。)

 

 

あとOffice365女子会にも参加して、スゴイ緊張しながらも発表したり、
オンラインセミナーを開催したりと、挑戦することが多かった年でした。

またオンラインセミナーは、開催したいと思ってます。
その時は是非ご参加いただければ嬉しいです。

 

長くなりましたが、さて本題ということで、

 

SharePointのサイトで検証したりしますが、時には
壊してしまったりします。

 

1人で使用しているサイトならば良いのですが、
他のメンバーも使用しているサイトだったりすると、

二進も三進もいきません。

 

ボタン ポチッと初期化!みたいなことや、昨日の何時のデータまで
戻すみたいなことが出来ればいいのですが、Office365にデフォルトでは
そのような機能は備わっていません。

 

ではどうするか。。。

 

作成したSharePointのサイトをテンプレートとして作成して、
それを読込むことで初期化・リカバリの代わりにしようと考えました。

 

サイトのテンプレートとして取得できるのは、サイト コレクションの
最上位レベルのサイトとなりますので、ご注意ください

 

1.全体管理者にて Office 365 ポータル (https://portal.office.com) にアクセスする。

2.画面左上 [アプリランチャー] - [サイト] をクリックする。

3.右上の歯車マーク→「サイトの設定」をクリックする。

4.「サイトの操作」セクションで「テンプレートの説明」「テンプレート名」にテンプレートファイルの名前とテンプレート名を記載する。


5.[コンテンツを含む] チェック ボックスをオフにする。
※サイトのコンテンツをテンプレートに含めない場合

もしテンプレートの保存が失敗してしまう場合、テンプレートのサイズを
確認して下さい。
サイトテンプレートのサイズは50MBです。

 

6.「OK」をクリックする。

 

コレでテンプレート作成は完了です。
これを使って、運用していけば簡単にSharePointの初期化が出来ます。

 

以上 よろしくお願い致します。

 

来年もOffice365と仲良し小好しで生きていきたいと思います。
年末にかけて、みなさん追い込み仕事などで体調崩しやすいかと思いますが、
楽しいクリスマス・年末を迎えられますように。。。

 

2015年12月