読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさら聞けないOffice365_2

本日は「何でOffice365がいいのか」についてです。

Office365ならではのポイントは何なのでしょうか。
前回説明した通り、Officeアプリケーションの機能では、今まで使用していた

Office製品(パッケージ)と変わりはありません。

 

ユーザ・ライセンスの管理が不要
 今まで使用していたパッケージ版のOffice製品では、個々のPCによって
 「Officeのバージョンが異なっている」
 「Officeのライセンス購入を入社者がいる度に買わなければならない」
 「ライセンスの管理をするのが大変」など、問題がありました。
 
 しかし、Office365であればユーザやライセンス管理は、Office365の管理画面から

   まとめて行うことが可能です。

 

 どのユーザにライセンスを割り当てるかも一目瞭然で分かるので、
 ライセンスの割り当てを解除することで、そのユーザのOffice365を利用解除を行うことが可能です。
 今まで社内管理者が行っていた「どのPCにどのライセンスが割りあたっているかを確認して、
 アンインストールして、ライセンスを管理する」という業務が無くなります。

 

 またOffice製品のバージョンアップについても、Office365では最新バージョンを利用することが
 可能なので、バージョンアップを行うにあたり、買い替えを行う必要はありません。

 

 

クラウドストレージの利用で
 Office365ではOffice製品(word、ExcelPowerPoint 等)のほかに 1TBの
 オンラインストレージ(OneDrive for Business)がついてきます。
 これまで外部のストレージサービスを利用していた企業も多いかと思いますが、
 OneDrive for Businessを利用することで、セキュアな情報の受け渡しをすることが可能となります。
 
 社員と外部ユーザが勝手にファイルの受け渡しをすることは出来ません。
 外部ユーザとファイルの受け渡しを行う場合、共有URLを作成することで可能となります。
 またこのファイルは日時制限を設けることが可能ですので、いつまでも情報が公開され続けるという
 こともなくなります。

 

 

次回は「Office365 おすすめの購入方法はあるの」についてです。